生活を支える架橋ポリエチレン管

架橋ポリエチレン管は耐食性が優れています。

※架橋ポリエチレン管の参考:http://www.haikanbuhin.com/top/item/asp/cate.asp?s_cate4=12013&sort=Recommend&list_count_type=Light

サビや塩素にも強く、耐寒性、耐熱性も強く温度差による破損を防ぎ給湯用としても広く使用され、水質にも悪影響を出さないよう科学的に安定していて、今までのプラスチック素材で問題視されていた環境対応亀裂を克服し長期にわたり劣化を防ぎ、軽量でしかも柔軟さを備え、また内部も摩擦が少なく汚れが付きにくいため長期にわたり交換や修理といった手間を防ぐ事ができます。

オフィスビルやマンションなど私たちの身近な個所にたくさん使われていて、キッチン、ユニットバス、洗面台、トイレ、などなど水回りにはほとんど使用可能です。

いざという時のスプリンクラー配管にも使用されており、また床暖房にも大活躍で、温度差に強く耐久性があり、柔軟性があり施工しやすいという特徴があるからこそ床暖房の普及にもつながったといえます。

企業では、現場の作業がはかどるように事前に工場などで配管部分の加工をほどこして施工時間を短くし、費用を抑えられるようにしています。